仮想デスクトップは特に企業にとってのメリットが大きいのですが、技術発展が激しい分野でもあり、従来の方式に比べてさらに利点が増えていることから注意が必要です。仮想デスクトップの技術発展はCPUの発展に大きく影響を受けています。従来の仮想デスクトップはCPUの性能をフルに活かすことができませんでしたが、CPUに仮想化支援機能が追加されたことで状況が一気に変わってきています。もともと高性能なCPUでないと動作させられなかった仮想デスクトップですが、仮想化支援機能がデスクトップPCでも動作するようになったことで手軽に、そして快適に仮想デスクトップを利用できるようになってきています。また、各種アプリケーションへの最適かも進んでおり、誰でも自由に使える環境として重宝されています。

仮想デスクトップと仮想化支援機能

CPUの仮想化支援機能とは仮想化環境においてのCPUのオーバーヘッドを大幅に削減する機能です。この機能はもともとサーバ用のCPUで実装されていることが多かったのですが、デスクトップPC用のCPUでも実装されたことで仮想化をする企業が増えています。仮想デスクトップの面で3DCGなどについても利用できるようになり、一部のCPUではGPUすら利用できるようになってきています。仮想化については今使っているOS上で動作しないアプリケーションを立ち上げるのに利用されたり、サーバ環境が欲しい場合に自分のデスクトップで動作させられるなどメリットが大変大きいのですが、コスト面でももう一台PCやサーバを用意する必要がないので大きなメリットとなっており、企業での利用も進んでいます。

仮想デスクトップの実現方法について

仮想デスクトップは主に2つの方式があります。1つはデスクトップOS上で仮想デスクトップアプリケーションを立ち上げて別のOSを起動させる方法です。この方式のメリットは今のデスクトップを変更することなく利用できることであり、メモリが豊富な環境ならかなり快適に利用できます。2つめはOSとして仮想デスクトップをインストールすることです。仮想化用のOSを導入することでいろいろなOSを稼働できます。この方式はレンタルサーバなどでも利用されたり、企業でプライベートクラウドを実現する際に利用されます。オーバーヘッドを極力減らすことができ、サーバーの各種ハードウェアを仮想化してリソースとして再配分可能です。サーバーのハードウェアは選ぶ必要がありますが、パフォーマンス面で優れています。