仮想デスクトップとは今動いているOSの上で別なOSが動く状態をいいます。仮想デスクトップを進めると専用のOSを使って最初から仮想化に対応させて実現する方法も多く利用されています。仮想デスクトップのメリットは別のハードウェアを利用しないことです。これまでは今の環境で使えないアプリケーションがあればハードウェアを追加して利用することが多かったのですが、仮想デスクトップを利用すれば同じデスクトップ環境で稼働できます。特にMac上でWindowsアプリを動かすことができるのでOffice製品などPCを買わずに動作できると好評です。また、サーバ分野においてはハードウェアを最大限効率よく利用する方式として注目されており、専用ハードとして販売されるケースも増えています。

仮想デスクトップのデスクトップでの利用

仮想デスクトップは古くから既存のOS上で動かせるようにアプリケーションとして販売されてきましたが、なかなかパフォーマンスが上がらなかったことで普及してきませんでした。しかし、CPUが仮想化支援機能をもったことで状況は一点します。仮想化支援機能はサーバ用のOSでは実装されて効果が認められていますが、デスクトップ分野でも認められてきています。この機能を利用することでCPUのオーバーヘッドが大幅に減り、メモリをしっかり割り当てれば仮想デスクトップとデスクトップとの速度差を感じることなく利用できる場合が増えています。パフォーマンスが上がったことで利用者も増えています。特にサーバアプリケーションやWebアプリケーションを開発する方にとってはサーバを自分のデスクトップで動かせるのは利点が大きいです。

サーバ向けの仮想デスクトップについて

デスクトップ環境で仮想デスクトップは利用が進んでいますが、サーバー分野でも利用が進められています。サーバー分野においてはHDIやリモートデスクトップの実現方法として利用されています。従来のシンクライアントでは使えるアプリケーションに制限があったり、オーバーヘッドが大きいことでパフォーマンスが悪かったのですが、CPUの支援機能の充実、大容量メモリへの対応などが進んだことでリモートデスクトップ環境が劇的にパフォーマンスアップしています。また、HDI環境ではGPUまでリソース化できるので3DCGや動画編集などこれまでのリモートデスクトップ環境では利用できなかったアプリケーションも稼働できるようになっています。仮想デスクトップはリソースの再配分が効率的になったことでパフォーマンスアップが顕著となっています。

日本法人オフィスは丸の内の二重橋前にあります。 Tintri VMstore T5040の参考価格2,500万円です。 仮想化専用だから、面倒なサイジング、構築運用、パフォーマンスのチューニングは一切不要。 高性能のオールフラッシュシリーズと低価格のハイブリッドシリーズからお選べいいただけます。 ビジネスクリティカル環境のパフォーマンスを向上! 仮想デスクトップの導入をお考えの方は【Tintri(ティントリ)】におまかせを